UI・UXデザインはミニマルデザインの夢を見るか?

 

 

長らくです、デザイナー梶です。

 

最近、ポスターやチラシの制作会社に武者修行としてちょくちょく出入りしています。
いやぁ、奥が深いですね、DTPは。

 

さて。
本日はウェブにまつわるお話です。
実は最近、某不動産関連のポータルサイトリニューアルでUI/UXを担当しました。
UI(ユーザーインターフェイス)とUX(ユーザエクスペリエンス)は何故か同列のものとして認識されています。

 

ざっくり解説しますと、
ユーザーにとってブラウズしやすい取り組みをウェブ/アプリ上で行えば、きっとそこには素晴らしいユーザー体験があり、そのユーザーはサービスに良い印象を持ってくれるだろうというものです。

 

「知りたい情報にアクセスしやすいように工夫しよう」
「ここらへんからページ遷移が必要、ユーザーが次に知りたがるであろう情報へリンクさせよう」

 

…という取り組みですね(かなりざっくりですが)
訪問者に対して、行動しやい道筋を親切かつ丁寧にデザインとして成立させていきます。

 

最近ではUI開発のソフトなんかも出ており、ワイヤーフレームをそのままウェブ制作に流用出来るようにもなっています。実際UIというものはそれほど重要な要素でして、使いづらいメディアサイトなどはリピーターを獲得出来ないために訪問者も表示順位も目減りしていきます。使いやすいウェブサイトをデザインすると、ファンが増えますからね。そう、ウェブはいつでも戦国時代。

 

しかし私は少し違和感を感じるように。
UIなんてのはつまるところ、ワイヤーフレームみたいなものです。
それをそのままウェブで使えるようにしてくれている某Adobeさんは親切心からやっているのでしょうけど、よく考えたら怠慢だよなぁと。

 

例えば、巷にあるこんな言葉。

 

「男はある程度清潔にしてれば人並みにはモテる」

 

丁寧に構築されたワイヤーフレームは、まさに清潔です。
理路整然としており、見せ方次第では確かに美しい。今はだいぶ減りましたが、つい最近までそういったHPでウェブは埋め尽くされていました。
まあ、レスポンシブにしやすいという利点もありますし。

 

でも実際どうでしょう?
清潔にしてたらウェブってモテるの!?

 

実情は違います。
モテても人並み、正直どこにでもいる清潔で親切な「イイ人」止まりです。

突出した中身があればまた話は別ですが、ユーザーからしたら似たような情報を扱っているサイトは他にもあるし、ココじゃなくてもいいよねと結論がすぐに出てしまいます。

 

忌々しい言葉ですが「イケメンに限る」のです。

 

UIがしっかりしていれば、UXそのものが向上する。
その通りですがそれだけではモテない。

 

自分は声を大にして言いたいのです。
「モテるウェブサイトにはセンスが必要です」と。

 

じゃあモテる男ってどんな男でしょう?

 

●おしゃべりが上手
●一緒にいてなんだか落ち着く
●価値観が合う
●ただただカッコイイ
●気配りが出来る
●無骨でワイルドな人
●金持ち

 

モテる男性はここらへんが出来ています。
モテるウェブサイトでは、正にこれらの要素をデザインする力が必要になってきます。

 

私がUI/UXを担当したその不動産サービスの社長様は、ロフトのついたお洒落なオフィスに私を招き入れると、コーヒーを持ってきて言いました。
「装飾を省いたシンプルなデザインでは、もうユーザーに響かない。これからはデザイナーがUI/UXを丸ごと担当する時代です」

 

私はこう返しました。
「考えて作っている人は、UI/UXなんて都合の良い言葉が流行る前から、その辺を意識してデザインしています。コーヒーはブラックですよね?」と。

 

UI主導ではなくデザインとUIが密接に作用し、雰囲気を演出していく。そんな「モテるサイト」が必要だったのです。

完成したデザインはミニマル系のものに。UI/UXがデザインを必要とした結果がこれでした。

 

有名なサイエンティストほど何故か神を信じます。科学の力では解き明かせない事象がこの世には多すぎるからです。これからはデザインする人のみならず、サービス提供者が「これはこうでなきゃならない!」という幻想を捨て、新たな答えを探求していく時代なのかもしれません。理屈で説明できることばかりしていても、それはもう出尽くしている証拠、人の心には響かないからです。「なんかよくわからないけど、響く」ものを一つの要素としてマーケティングに取り入れてみましょう。意外性を追求するあまりにターゲットが置き去りにされては話になりませんが、可能性を否定して理屈ばっかり言ってたら、きっとモテないんだと思います。

 

あ、モテる云々はウェブに限らずなんでもそうですよ!
飲食店もそう、アームスの作る動画もそう、家具でも小物でもなんでもそう。

 

例えばアームスでは「MOTION」というモーショングラフィックス技術を駆使した映像制作のサービスをやっていますが、まだ知らない人は打ち合わせやお問い合わせの際、担当の方に制作事例を見せてもらってください。なるほど、これはモテる表現技術だなと直感で感じて頂けると思います。無理やり動画の話に繋げた感がありますが、モテるデザインって映像や動画もそうだよなあって心底思いますからね。

 

けものフレンズも低予算で制作せざるを得ない状況下、限られた人員で取り掛かって、何故かめっちゃモテましたからね。放送当初は「絵もチープに見えるし、伏線も無理やり感がある、何このアニメ」な人がたくさんいたのを覚えています。でもそこにはきっと、理屈では説明できない何かが存在していたんでしょうね。結果めちゃめちゃモテましたし、ツイッターやSNSでも見事にバズったし、グッズやスピンオフも成功しています。たつき監督が第2期を担当してくれたら、これはもうしばらく続くんでしょうね、けもフレ現象。たつき監督がね、やってくれたらね…

 

それではこの辺で。

 

designer 梶