モバイルファーストインデックス(MFI)とは

 

 

モバイルファーストインデックス(MFI)って何?

 

 

2016年にGoogleから発表されたMFI。

それまでも「モバイルフレンドリー」などスマートフォンサイトの

ユーザーの利便性をあげる様にアナウンスされていましたが、

MFIはオーガニック検索全体に影響が出る取り組みです。

 

モバイルフレンドリー

調べる単語によると思いますが、パソコンの結果とスマホの結果と少し違う事が

ありますよね。

これはモバイルフレンドリーといって、Googleが「モバイルで検索する人がめっちゃ多く

なってるからモバイルでもユーザーがページ見やすいようにしてね」というものです。

スマホから検索する場合、モバイルフレンドリーに対応しているページは

未対応のページより上に表示されるようになりました。

 ↓ここでテストできます。

 モバイルフレンドリーテスト

 

オーガニック検索とは

googleで検索した時に、広告マークが付いていない検索結果。自然検索です。

上位に表示されれば訪問者の数も増えて、もちろん表示にはお金も掛かりません。

SEOとはこの表示順を上げよう!という事です。

 

 

 

■どういう内容か

 

今までGoogleは検索順位の評価として

パソコンのホームページを主軸にしていたのですが、

MFIはスマートフォンのサイトに評価の主軸を移すよ、というものです。

 

Googleはクローラーと呼ばれるプログラムで、色々なURLを辿りながら

ホームページの内容を集めていきます。

その集めた情報を整理整頓してデータベースに登録し(インデックスといいます)、

ユーザーが検索したキーワードにより良いと思われるページを表示するのです。

沢山の引き出しから欲しいものをすぐに取り出してくれる片付け上手ですね。

 

今まではパソコンのホームページを基準に検索順位を決めてたけど、

今度からスマホサイトでインデックスした検索結果順を

パソコンとスマートフォン両方で表示するよ!ということです。

 

 

 

■なぜモバイルがファーストされるのか

 

今まではパソコンで検索をする人が多かったのですが、

2015年にモバイルの検索率がパソコンの検索率を抜いたからという記事があります。

It’s Official: Google Says More Searches Now On Mobile Than On Desktop

 

 

また、スマートフォンの普及率は右肩上がりで、今後も増加すると予想されます。

 

 

世界40カ国、主要OS・機種シェア状況 【2017年2月】

 

世界40カ国の機種シェア状況1 世界40カ国の機種シェア状況2 世界40カ国の機種シェア状況3 世界40カ国の機種シェア状況4

出典:アウンコンサルティング株式会社

 

・モバイル端末の保有状況(個人)

 

出典:総務省:ICTサービスの利用動向(日本)

 

 

皆が使用するデバイスが段々とPCからスマートフォンなどのモバイル端末に

移っていっているのですね。

確かにどこでもサッと調べものが出来るのは便利です。

 

 

■どう対応すればよい?

 

 

もしスマートフォンサイトが無い場合は、パソコンのホームページがインデックスされます。

でもMFIが実装されれば確実に今の順位より落ちてしまいます。

 

また、パソコンのホームページに重要な情報を載せてあるけれど、

スマートフォンサイトには概要だけ、省略したページしかない、という場合も

注意する必要が多いにあります。

 

 

Googleはスマートフォン対応サイトの構築方法を3つ提示しています。

 ・レスポンシブル・ウェブデザイン:URLは1つ。画面の幅に対応

 ・ダイナミックサービング:使用しているデバイスによって見せるものを切り替える

 ・別々のURL:パソコンとスマホのサイトを別々に配信する

どれがよいのか、Web技術者と相談して決めましょう。

 

 

MFIは、2017年の年末に、既に一部でロールアウトしていると

Googleから発表があったようです。

Google’s mobile-first search index has rolled out to a handful of sites

 

 

自分の地域に対応されるのがいつかは分かりませんが

(Gary Illyesは完全なローンチは数年後になるだろうと言っています)

 

 

まず自社のホームページがスマートフォンサイトに対応しているか

確認しましょう。

 

 

株式会社Arms  K